ふるさと納税で高額家電を手に入れる|家電製品の種類

男性と女性
  1. ホーム
  2. ふるさと納税 の仕組み

ふるさと納税 の仕組み

田舎

近年インターネットやテレビで話題になっているふるさと納税ですが、税金を納めるという言い方もあれば寄付をするという言い方もあり、混乱してしまうひともいるのではないでしょうか。ふるさと納税をおすすめする声はたくさん聞こえてくるものの、その実態を知る人は多くありません。ふるさと納税は、納税ではなく『寄付』にあたります。簡単に言えば、『見返りのある寄付』です。ふるさと納税として寄付を行うと、『寄付金控除』によって税金の免除を受けることができます。赤十字などの特定の団体に寄付をした場合に受けられる制度ですが、この特定の団体に地方自治体も含まれます。そのため、寄付でありながら税金免除という特典を受けることができるおすすめの制度なのです。
ふるさと納税では、二千円を超える分の寄付に対して税金が控除になるという条件があるため、二千円は完全な寄付となります。また、自治体への寄付額の上限はありませんが、税金控除を受けられる金額には上限があります。年収や家族構成によって上限額は異なるので、あらかじめ確認してから申し込むことをおすすめします。メリットばかりのようにみえるふるさと納税ですが、条件によっては損をしてしまうこともあります。住宅ローン控除を受けている場合は限度額が通常よりも低く設定されます。それに気づかずに寄付しても特典を得ることはできません。また、納めている所得税と住民税の額が少ない場合には、控除を受けても大してメリットがありません。ふるさと納税は、所得税と住民税の額が多くてはじめて特典を得られる制度です。自分の収入と支払う税金額、控除額などを照らし合わせてみて、ふるさと納税をするか否か決めることをおすすめします。