ふるさと納税で高額家電を手に入れる|家電製品の種類

レディ

自治体にとってのメリット

家電

ふるさと納税は自治体にとって大事な財政収入であり、地域をアピールして観光誘致する手段でもあります。家電製品などの高額な返礼品を用意することで、寄付を募っているのです。ふるさと納税は、利用者にとっても自治体にとってもメリットのある制度です。

自治体の選び方

女の人

1700以上ある自治体の中からふるさと納税を行う自治体を選ぶのは難しいものです。思い入れのある地域や返礼品の種類をみて選ぶこともできますし、ハッキリとした目的があるなら、寄付の使い道で選ぶといいでしょう。

家電 ふるさと納税

家電

ふるさと納税を行うと、地域貢献出来るだけでなく、住民税が免除されるなどの特典を受けることができます。中でも人気が高いのは、豪華な返礼品です。ふるさと納税のお礼として自治体から贈られるもので、米や和牛などのグルメから優待券といった献金、中には家電製品や自転車などの返礼品もあります。ふるさと納税を行いながら、お取り寄せ感覚でその土地の名産品や特産品が楽しめるのは嬉しいポイントです。自治体を選ぶ目安ともなるので、ふるさと納税に興味があるもののどの自治体にしようか迷っているという人は、返礼品を参考にするといいでしょう。
返礼品の中でも特に人気なのが、家電製品です。日本を代表する家電メーカーの発祥地である自治体や、工場所在地の自治体などが取り扱っていることが多く、その人気の高さからすぐに品薄になってしまうことで有名です。高価な家電ほど競争率が高く、用意されている台数にも限りがあるので、お目当ての返礼品を見つけたらすぐに申し込みましょう。近年は返礼品で貰える家電製品の種類も増えてきました。掃除機や炊飯器、空気清浄機、カメラなどの実用品から、高額納税者はテレビやパソコン、タブレットを貰えることもあります。家電人気が過熱する中、2016年には総務省から高価すぎる返礼品を提供しないように警告が出されたので、返礼品で家電製品が貰えなくなるという噂もあります。現段階では警告が出ただけで中止はされていませんが、いずれ返礼品として家電を贈ることが禁止されるかもしれないので、今のうちに申し込んでおくといいでしょう。

ふるさと納税 の仕組み

田舎

ふるさと納税は、見返りが期待できる寄付です。税金の控除を受けたい場合に利用すると得できるのでおすすめです。ただし支払う税金額が低い人など条件によっては損をしてしまうこともあるので、得られる特典が自分に見合うものか考慮してから寄付しましょう。